オークファンで気になる商品の落札相場(需要)の確認方法!「商品キーワード編」

オークファンの使い方

こんにちは!shotaです。

今回は「オークファン」で、気になる商品の落札相場を確認する方法を解説します。

落札相場(需要)を把握できることができ、しっかりと情報を読み取ることができれば「仕入れ」と繋がります。この作業精度が向上するほど、仕入れた商品が売れ残るといった在庫リスクは軽減できます。また、今後の商品の戦略も練ることができますので是非、オークファンを使いこなし落札相場・情報を読み取っていきまよう!

 

この記事では基本となる商品のキーワードから落札相場(需要)を調査・リサーチする方法を解説します。まだ、オークファンに登録が終えていない場合は下記より登録して下さいね。

※オークファンの登録方法はこちら

オークファンで商品のキーワードから過去の落札相場(需要)を確認、リサーチ

まずは、オークファンのトップページを開きます。

※オークファンのトップページはこちら

 

次に、調べたい商品の検索キーワードを入力します。

※この検索キーワードも重要です。余計なキーワードを入れてもダメですし、少なくても検索結果が無駄に表示される場合もあります。

 

今回は「ピコグリル 398」というキャンプで使用する焚き火台について調査します。早速、この商品の落札相場(需要)を確認していきます。キーワードを入力し、下図の赤枠部「すべてのサイト」をクリックします。

 

すると下図のようなタブが出てきますので、赤枠部「ヤフオク!」をクリックします。今回はヤフオク!内での需要を確認します。

 

次に下図のような検索条件を設定できる画面が表示されます。今回は赤枠「商品状態」「出品者」「並び順」について「新品」「一般」「終了日の近い順」に設定し青枠部の「検索」をクリックします。

 

検索結果が下図のように表示されました。

赤枠部は、ページ内平均価格それぞれの商品の落札価格が表示されます。

青枠部は、検索キーワードから抽出された落札商品の件数が表示されます。

緑枠部は、今回は並びを「終了日の近い順」と設定しましたが、他にも「落札価格の安い/高い順」、「入札の多い/少ない順」と選択可能です。

 

赤枠部のページ内平均価格は、文字通りの検索キーワードから抽出された結果(ページ)の平均落札価格となります。各々の落札された商品タイトルや詳細内容を見れば分かりますが、「ケースのみ」の落札価格、「焚き火台」の落札価格など落札された商品の内容が異なるのが確認できます。

 

という事は、「自分が気になる商品内容と一致していない商品(落札価格)が含まれ平均価格が表示されている」という事が十分考えられますので、しっかりと各々の落札商品を確認しましょう。

※上記の画像はモザイクで処理していますので、一度ご自身で検索し確認してみて下さいね。

 

また、青枠部の「検索キーワードから抽出された落札商品の件数についてもあくまで検索キーワードからの検索結果であって、自分が探している商品内容と同じかは別ですので、しっかしと落札された各々の商品内容を確認しましょう。

 

このようにオークファンでは、自分が探している商品の需要を確認するために、条件等を設定し、検索結果を必要最低限に抽出する事が目的となります。検索キーワードの選定で大きく検索結果は異なりますので、いくつかの検索キーワードのパターンを調査し最適なキーワードを選定しましょう。そこから、各々の落札された商品内容を確認し正しい落札相場(需要)を読み取りましょう。

 

落札された商品をクリックすると、下図のようなページが表示され、出品時の商品詳細の内容や、落札の詳細情報を確認することができます。

 

上図の赤枠①「この商品説明の続きを見る」をクリックすると、ヤフオク出品時の商品説明が確認できます。

 

赤枠②の「ヤフオク!で詳しく見る」をクリックすると、落札されオークションが終了したヤフオクのページに移動し確認ができます。

 

赤枠③では「落札情報」「出品者情報」が確認できます。

 

赤矢印④の「入札履歴」では、ヤフオクで落札されるまでの入札履歴が確認できます。オークション形式での出品の場合、落札されるまでの過程を確認することができます。

まとめ

本記事で商品キーワードから、落札相場(需要)を確認する方法について解説しました。この方法にて、検索・リサーチし得られた情報を正しく読み取れば、長期的に在庫を抱えるリスクは軽減されるでしょう

 

まずは、実際に検索・リサーチを繰り返し経験値を上げて感覚を磨くことが大切です

 

オークファンで検索し得られた情報と、自分が求めている商品が一致した時に初めて正しい情報として得られ、判断できる材料となります。また、オークファン(プレミアム会員)では落札データを最大10年前までのデータを見る事ができます。10年前まで流石に遡って確認することはあまりありませんが、必要に応じて、直近3ヶ月~1年ぐらいは遡って確認します。一番大事なのは直近30日の落札データとなりますので、それ以降は、あくまで1つの判断材料しましょう。

 

以上でオークファンでヤフオク内での落札相場・需要の確認方法を解説をいたしました。最後まで読んで下さりありがとうございました(*^_^*)

もしこの記事や個人輸入ビジネスについて、ご興味ある方は下記の「LINE」よりお気軽にご連絡くださいね!このブログから、少しでもあなたの人生の選択肢に余裕が持てるようにお役に立てれば幸いです。

友だち追加

タイトルとURLをコピーしました